性奴隷になりたい

性奴隷になりたいと言う願望は、「特定のご主人様専用の奴隷になりたい」「誰でもいいから沢山の男性の奴隷になりたい」のどちらかであれば、実現可能な場はありました。

前者は、ご主人様に見初めていただくこと。

後者は、輪姦系・凌辱プレイ系のサークルのメンバーになったり、掲示板等で多数の男性を募る方法などがあります。

しかしそれは不特定多数に近い男性の集団で、病気や知人バレ、ストーカー行為などのリスクを孕む行為でした。

安全に複数の男性の性奴隷になりたいという願望

数年前までは、「安全に、男性の方々の、奴隷になりたい」と言ったご相談には、何も出来ない状態だったのですが、2010年に性奴隷となりたい女性が居住できる空間を会員有志(希望者)たちで作り、2015年にM女性を共有する約束事を作り願望にお応えする施設の運営を開始し、2017年には奴隷サロンの開設を予定しています。

ただし現在のところ、男性の人数が女性の人数より多いサービスやイベントは行なっていませんので、ご了承ください。

性奴隷共同飼育 家畜奴隷サナトリウム

※2016年春より、施設の移転を行なっていますので、現在入所はできませんが、秋ごろ再開予定ですのでご相談は可能です(ホームページも更新していません)

家畜奴隷サナトリウムはM女性たちがが生活・居住する施設で、新しい施設は羽田空港から飛行機と交通機関で約4時間のところにあり、入所を希望する場合には予め退所日を決め、ご家族の不幸等が無い限りその期日まで性奴隷としての生活を送っていただきます。

鍵を持ち入室できるのは、その施設の所有者であるMasterと呼ばれる男性会員(現在10名)で、入所者の生活一切の面倒を見てくださいますので、安心して全ての時間を性奴隷として過ごしていただけます。

もちろんMastreの皆様が常時施設にいるわけではありませんので、普段は有機野菜だけを使った料理を覚え、食したり、毎週エステの施術を受け綺麗な身体を保つなど、女性としての魅力をアップすることが求められる環境なので、退所時には多くの女性が綺麗に変身して退所されています。

主なルール
  • パーマ・染髪の禁止
    ストレートの黒髪を維持します。ショートカットの方は入所後に伸ばしていただきます。
  • アルコール・喫煙の禁止
    入所中はアルコールやタバコは一切禁止されます。
  • 食生活の制限
    施設に用意されるもの以外は食することが出来ません。
  • 外部との連絡の禁止
    緊急時に備え、施設内の固定電話番号をご家族にお知らせいただきます。
  • 不要不急の外出制限
    原則として毎月の婦人科検診と美容室以外の外出はできません。

この施設内では、あらゆることがMasterの皆様の意向で決まり、入所女性はその意思に全て従わなければなりません。

ご相談は、お気軽に

メール相談
Copyright 2017 Mだと気付いた貴女へ