性奴隷

性奴隷

性奴隷とM女性を呼ぶことがありますが、これもかなり範囲の広い解釈があり、使う人によって色々な意味を持っていますので、注意深く聞きながら判断しなければなりません。

大きく別けると「性奴隷になりたい、なった女性の相手をしたい男性」と「貴女が進んで性奴隷になりたいと思わせてくれる男性」です。

SMクラブと性奴隷

S嗜好を持つ男性は、SMクラブなどの風俗店にお金を払えば、一定の時間女性を性奴隷として扱うことができます。

では、性奴隷を欲しがる男性がなぜ「性奴隷になりたい」と言った願望を持った女性にアプローチするのかと言うと、お金がないからです。

「貴方だけの性奴隷になりたい」と思ってくれている女性を調教したいと言う願望は、多くのS男性の希望ですが、女性からそう思ってもらえない程度の器量しかない男性は、SMクラブなどで性欲を解消していて、大抵の命令に応えてもらうには、それなりの対価が必要です(SMクラブで真性M女コースなどで女性を呼ぶと、3時間で10万円程度のお金が掛かります)。

男性が貴女に性奴隷としての魅力を感じ望む方向へ導きたいなら、貴女に対してそれ以上の投資をしてくれるはずなのですが、「性奴隷になりたい、なった女性の相手をしたい男性」は都合のいい女を捜しているだけのケースが多く、貴女を導いてくださる存在ではないのです。

貴女を「SMクラブのM女より安上がり」と思って接する男性は、貴女に性奴隷になる願望があるから貴女を欲したので、貴女に魅力を感じたから性奴隷にしたい訳ではないのです。

タイプ別の性奴隷願望

貴女が「性奴隷になりたい」と感じるのは、大きく別けると、どのタイプの願望しょうか?

尊敬できるご主人様の性奴隷になりたい

この願望は、性奴隷になることよりも、お仕えさせていただくご主人様を探さなければ実現できません^^;

S男性の紹介を行なっているサークルへご希望をお伝えください。

相手を選ぶ権利を持てない性奴隷になりたい

これは、奴隷島みたいなところで監禁調教をしてもらわないと、難しいかも^^;

擬似的に味わいたいなら、家畜奴隷サナトリウムへの入所をご検討ください。

都合のいい性奴隷になりたい

都合のいい性奴隷を求めている男性は、吐いて捨てるほど存在するので、SM系の出会いサイトなどで募集すれば、いくらでもアプローチがあると思います。

「性奴隷」って言葉に感じてしまう

メールやお話だけで欲求が満たされるかもしれませんので、お気軽にお話掛けください^^;

ご相談は、お気軽に

メール相談
Copyright 2018 Mだと気付いた貴女へ