M女コラム

縛られたい・拘束具で固定されたい・吊られたい

縄やロープで縛られる、器具で拘束される、滑車で吊られる

貴女はどれがお望みですか(もちろん自由に動いてご奉仕したかったり、言葉や視線だけで拘束される事の望む方もいます)?

SMに興味がない方や、経験の浅い方にとっては、この3つは同じ様な行為と感じると思うのですが、過去の私の経験から、奥底に潜む願望は結構違うと思います。

縛られたい女性

男性が麻縄で緊縛(縛る)には、縄の扱い方も含めて相当の練習が必要です。練習するには女性に応じてもらって経験するしかありません(SMクラブでは麻縄が仕えないお店が多いです)ので、求めている男性は”SMに真面目でストイック”で”女性とのSM経験が豊富”な男性となりますよね?

傾向としては、”縄酔い”という言葉があるように自分に酔いしれるナルシストの面もあり、自分はその他大勢の男女より上で、更に上のご主人様が欲しいと思っている方が多いです(言われて気付く)。

縄で縛るには睡眠薬でも飲ませない限り、自主的に身を任せないと無理なので、このタイプの女性は普段はプライドが高いのも特徴かもしれません。

拘束具で固定されたい女性

警察官が犯人を取り押さえて手錠を無理矢理掛けることができるように、器具を使えば男性が女性を拘束するのは簡単です。器具と言うと大げさな物を想像しがちですが、たった260円のこんなテープでも逃げることが不可能な拘束が出来ます。

やさしいマルチバンテージ
やさしいマルチバンテージ

傾向としては特別な男性に体を預けたいと言うより、あまり望んでない中での拘束を望んでいる”悪代官と罪人””捕まったスパイ””誘拐された女性”の様に、相手の男性云々よりはシチュエーションを求める方が多い様です。

器具さえ使えばストイックでなくても権力者なら女性をいたぶれる(北朝鮮的な…)、捕まってしまい問答無用で犯される、の様な”堕ちてしまう自分”を想像した事はありませんか?

吊られたい女性

女性を安全に、麻縄で縛って完全に吊り上げることが出来る人は、多分プロ野球選手より少ないSM界のエリートだと思います。対して、設備を用意するのは意外と簡単で、床にブロックを数十個敷いて工事現場用の足場機材を室内に組むだけで(2時間もあれば8畳位の部屋なら出来ます)、5万円程度です。

施設を持つのは簡単だけど、完全に宙に吊るのは難しい、と言う事をまずはご理解ください。本心から信用できると判断するか、ショーなどで実力を把握するまで、設備を持っているからと言って決して吊られてはいけません。まずは、足が地面から離れない範囲での吊りを試みて下さいね

この願望を持つ女性は夢想家の傾向があるので、特に相手選びは慎重に!

サークルで体験を希望する場合には、主宰者と事務局が吊りの技術を確認済みなので、体験希望は歓迎します。

関連記事